ひょうご

ニホンジカ

推進ネットワーク

Primary

​捕獲

Secondary​

​加工

Tertiary

​流通

シカによる被害軽減を図るとともに、人とシカが共存できる生態系の創出と地域資源として新たな活用による地域創生に寄与することを目的とする。

      【シカ捕獲実績】【活用頭数※注1

平成25年度 38,992頭  /   818頭

平成26年度 45,461頭  /  2,317頭  

平成27年度 45,569頭  /  3,390頭  

平成28年度 43,682頭  /  3,884頭

平成29年度 37,676頭  /  4,755

平成30年度 37,234頭  /  6,580頭

※注1 兵庫県公表数値(行政機関が把握している処理施設における頭数)

 
​生態

​増加

本州部では、瀬戸内沿岸の都市部を除く広範な地域に生息している。南但馬地域および西播磨地域において非常に生息密度が高い状況となっている。その他の多くの地域においても近年、分布の拡大や生息密度の増加が認められている。淡路島では、南部の地域(諭鶴羽山系)で非常に高い生息密度となっている。

​被害

​深刻

分布地域では、農作物への食害や造林木への剥皮害など農林業に深刻な被害を与えており、野生鳥獣全体による農林業被害総額(約5億8千万円)の30%(1億7千万円)も占めている(平成30年度)。また、食害による自然林の下層植生の衰退や、それに伴う土壌侵食などの森林生態系への被害も県内広域で深刻化しつつある。自動車や列車との衝突事故も多発している。

​対策

​早急

生息密度と農業被害および森林下層植生被害の間に強い関係がみられることから、被害抑制のためには個体数管理によって被害が許容可能なレベルにまで生息密度を低減させることが重要となっている。また、農地への侵入を物理的に防ぐ防護柵の設置や、農地にシカを寄せ付けないための誘引物管理など集落側の対策も重要である。

 
 

お知らせ

「文鹿祭&狩猟フォーラム2020」開催延期についてのお知らせ 2020/2/25(火)

2020/02/25

「文鹿祭&狩猟フォーラム2020」開催延期についてのお知らせ 2020/2/21(金)

2020/02/21

ひょうごニホンジカ推進ネットワーク「ロゴマーク(絵柄)」デザイン募集 締切:令和2年2月20日(木)まで

2020/02/09

【兵庫県庁】ホームページにて告知されております。文鹿祭【Bunkasai】&ひょうご狩猟フォーラム2020 開催のお知らせ 2020/2/25(火) 生田神社(神戸三宮)10時~19時

2020/02/07

【神戸新聞】2020年1月31日付 先日協力させていただきました兵庫県淡路県民局主催【淡路島ジビエ料理講習会】について掲載

2020/01/31

兵庫県淡路県民局主催【淡路島ジビエ料理講習会】会長入舩氏講演及びジビエ料理調理実習(2020/1/29 淡路農業技術センター)

2020/01/30

1/1
Please reload

スケジュール

2/24/2020

第6回 文鹿祭【Bunkasai】&ひょうご狩猟フォーラム2020 生田神社(神戸三宮) 2月25日(火)10時~19時

11/16/2019

第9回神戸マラソン折り返しまつりin舞子公園 11月17日(日)

11/8/2019

ひょうご森のまつり2019 兵庫県立甲山森林公園(西宮市甲山町) 11月9日(土) 

10/25/2019

ふれあいの祭典 ふれあいフェスティバルin北播磨 県立三木総合防災公園 10月26日(土)&27日(日)

10/20/2019

「ジビエ利用拡大フォーラム」及び「ジビエペットフードシンポジウム」農林水産省 10月21日(月)

10/18/2019

第41回兵庫県民農林漁業祭 県立明石公園千畳芝 10月19日(土)&20日(日)

4/16/2019

平成31年度総会 兵庫県民会館

1 / 3

Please reload

 
 
20181215A.jpg
20181215B.jpg

​会員団体一覧 (令和2年1月現在/順不同)

 【役員】(令和元年度)
会長  入舩郁也
   (株式会社メリケンヘッドクォーターズ)
副会長 柴原政司 
   (宍粟ワイルドフーズ)
事務局 一般社団法人ディアーフレンズジャパン
Contact

copyright© ひょうごニホンジカ推進ネットワーク

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now